Hardware
ハードウェア接続

Windows, macOS, Linux

MONOSTICK または TWELITE-R と TWELITE モジュールを接続し、必要に応じて各OS向けのデバイスドライバの設定を行います。

ESP32 (M5Stack)

TWELITE DIPとの接続例です。シリアルポート(UART)のTX,RXのみのシンプルな接続です。この接続では TWELITE 上のファームウェアの書き込みなどが行えません。
1
[M5Stack 15P]
2
3
GPIO03
4
GPIO01
5
GPIO16 --- TWELITE DIO6/UART0 TX (TWELITE DIP #10)
6
GPIO17 --- TWELITE DIO7/UART0 RX (TWELITE DIP #3)
7
GPIO02
8
GPIO05
9
GPIO25
10
GPIO26
11
GPIO35
12
GPIO36
13
RST
14
BAT
15
3V3 --- TWELITE VCC (TWELITE DIP #28)
16
5V
17
GND --- TWELITE GND (TWELITE DIP #1,14)
Copied!
以下の配線をすることで PGM/RESET/SET ピンが接続されます。TWELITE STAGEアプリケーションを利用する場合は、下記の配線を行ってください。
ハードウェアの接続構成によっては、結線してはいけない場合もあります。ハードウェアの接続については M5Stack の資料も参考の上、十分注意して行ってください。
例: M5Stack faces の GPIO05 ピンは、キーパッドの割り込みピン(出力)が接続されているため、M5Stack側で出力制御を行うことはできません(故障の原因になりえます)。TWELITE STAGEアプリケーションでは、キーパッドに対応するI2Cデバイスを検出した場合は、出力制御しないようにしています。
1
[M5Stack 15P]
2
3
GPIO03
4
GPIO01
5
GPIO16 --- TWELITE DIO6/UART0 TX (TWELITE DIP #10)
6
GPIO17 --- TWELITE DIO7/UART0 RX (TWELITE DIP #3)
7
GPIO02 --- TWELITE PGM (TWELITE DIP #7)
8
GPIO05 --- TWELITE DIO12 (TWELITE DIP #15)
9
GPIO25
10
GPIO26 --- TWELITE RESET (TWELITE DIP #21)
11
GPIO35
12
GPIO36
13
RST
14
BAT
15
3V3 --- TWELITE VCC (TWELITE DIP #28)
16
5V
17
GND --- TWELITE GND (TWELITE DIP #1,14)
Copied!

Raspberry Pi 3B

Raspberry Pi では /dev/srial0 (TWELITE STAGEのマニュアル参照) を選択した場合(raspi-config などの設定等により異なる場合があります)、以下の配線にてシリアルポートの経由でTWELITE無線マイコンとのUART接続を行います。
1
[TWELITE] [RaspberryPi]
2
GND ------------------ Gound (#6,#9,#14,#20,#25,#30,#34,#39のいずれか)
3
TXD(DIO6,DIP#10) ------ GPIO15/UART0 RXD (#10)
4
PRG(SPIMISO,DIP#7) ---- GPIO23 (#16)
5
RXD(DIO7,DIP#3) ------- GPIO14/UART0 TXD (#8)
6
RST(RESETN,DIP#21) ---- GPIO22 (#15)
7
VCC ------------------ 3V3 (#1,#17のいずれか)
8
SET(DIO12,DIP#15) ----- GPIO12 (#32)
Copied!
  • TWELITE, RaspberryPi ともに製造元のマニュアルを参照ください。
  • DIP# は TWELITE DIP のピン番号です。
  • 上記配線は TWELITE 無線マイコンモジュールが安定稼働することを保証するものではありません。
Last modified 1yr ago