M
M
MWM5 Library
1.0.9
検索
K

TwePacketTwelite

TwePacketTweliteクラスは、標準アプリApp_Tweliteの0x81コマンドを解釈したものです。
class TwePacketTwelite : public TwePacket, public DataTwelite { ... };
パケットデータ内の諸情報はparse()実行後にDataTweliteに格納されます。

spTwePacketからの参照

TwePacketTwelite& refTwePacketTwelite(spTwePacket& p)
spTwePacketオブジェクトからTwePacketTweliteオブジェクトを参照します。spTwePacketTwePacketTwelite以外が格納されている場合は、未解釈のオブジェクトを戻します。

実行例

if (parse_ascii) { // アスキー形式のパーサーの解釈完了
auto&& pkt = newTwePacket(parse_ascii.get_payload());
if (identify_packet_type(pkt) == E_PKT::PKT_TWELITE) { // パケット解釈成功時
auto&& x = refTwePacketTwelite(pkt);
the_screen // LCDスクリーン上のターミナルに情報を表示
<< printfmt(":Lq=%d:Ad=%08X", x.u8lqi, x.u32addr_src)
<< printfmt(":ID=%02X", x.u8addr_src)
<< printfmt(":DI=%04b", x.DI_mask)
;
}
}