Terminal
ターミナル(コンソール)
本ライブラリのターミナル(コンソール)は、文字列ベースの画面を構成することを目的としてます。
以下に設計時の考慮事項を記載します。
  • 固定幅の画面構成を行うこと
  • 日本語の表示が可能であること
  • ソースコード中に直接日本語文字列を含められるようにすること
    • UTF-8でソースコードを記述する前提とする
    • 内部処理をUnicodeとすること
    • UTF-8デコードが出来るようにすること
  • 旧来のキャラクター型のインタフェースを実装できるよう、いくつかのエスケープシーケンスを実装しておくこと
    • ただしANSIエスケープシーケンスの完全な互換性を目的とはしない
  • 文字色、背景色、太字といった表示属性に対応すること
  • カーソルを表示・非表示にできること
  • 画面の順方向のスクロールに対応すること
  • カラム数を超えて文字列を出力した場合は、折り返しを行えること
    • 右端カラムへの文字出力を行った場合、その時点では折り返しを行わないようにすること
      • 上記を実装は、折り返し処理の実装より優先すること
  • 複数のターミナル表示を画面上に同時に表示できること
  • 毎回全画面書き換えといったような描画パフォーマンスの悪い実装でないこと
    • 変更がある行のみを書き換える行単位の描画を行うようにした
  • フォントを選択できること
    • 配布可能なフォントをライブラリ内に同梱しておくこと
    • より大きな文字を表示するため、倍角表示に対応すること
本ライブラリのターミナルは、大まかに分けて2要素から構成されます。
  • ターミナル画面上の文字列を管理するクラスや関数をまとめた TWETERM
  • フォントの管理と描画に関連するクラスや関数をまとめた TWEFONT
Last modified 1yr ago
Export as PDF
Copy link